米国とイランによる一触即発の状況は回避され、中東の地政学的リスクは峠を越しつつある。イランは体制崩壊につながる米国との武力衝突は回避したいと見られる。一方、イラン国内で反米感情が高まり、反政府デモによる内部崩壊リスクが低下していることも注目される。親米か親イランかで揺れていたイラクでも、最近台頭していた反イランデモが鎮静化している。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る