8月13日に発表されたイスラエルとUAEの国交正常化以降、米国が親米アラブ諸国を中心にイスラエルとの国交正常化を促している。現時点では、国交正常化に前向きなスタンスを表明しているアラブ国家は少ないが、イスラエルボイコットが見直され、イスラエルとアラブ諸国の経済関係が強化されていくと予想される。また、イスラエルとアラブの関係改善の背後には、米国トランプ政権による「ディール」外交があると推察される。11月に予定されている米国大統領選挙に向けてイスラエル・アラブの関係改善の動きが加速してくると見られる。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る