20-09-15
中近東全域:トピックス
バーレーンもイスラエルとの国交正常化へ ~アラブ諸国に広がるイスラエルとの関係改善の動き~

20年9月11日、バーレーンはUAEに続き、米国仲介のもとイスラエルとの国交正常化に合意した。バーレーンが経済・安全保障面で米国の支援を必要としていたことを背景に、米国の仲介を受け入れたと見られる。今後カタール、オマーン、サウジアラビアなどの動きが注目される。またバーレーンはサウジアラビアの意を汲んだ外交を展開する傾向にあり、今回の合意もサウジアラビアの意向を踏まえて行なわれた可能性が高い。サウジアラビアにとってイスラエルとの国交正常化への障害は多いが、イスラエルボイコットの廃止などイスラエルの経済関係強化に動く可能性があると見られる。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 1,600円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る