20-10-29
中近東全域:トピックス
アラブ君主制国家の世襲問題~皇太子の高齢化は安定した体制の維持を困難にしている~

一部の中東アラブ諸国においては、君主(国王、スルタン、首長)とともに、太子(世子)が高齢のために、君主の在任期間が短期化する恐れがでてきている。とりわけクウェートでは、短期間に首長の交代が繰り返される懸念がある。サウジアラビアでは、世代交代に伴う王室内での権力争いが政権の不安定化要因になっている。UAE大統領職を兼務しているアブダビ首長は病気療養中であるが、皇太子ほか16人の弟がおり、クウェートのような事態は当面は回避できそうだ。しかし、いずれは王子たちも高齢化する。世代交代に際して問題が噴出する恐れがある。君主と太子の高齢化と世襲の問題は、中東アラブ諸国の安定した体制の維持を困難にしている面もあり、注目される。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る