21-01-07
全世界:トピックス
OPECプラスが2、3月に各7.5万バレル/日の減産緩和~サウジの100万バレル/日の自主減産で実質的には減産強化~

1月5日に開催されたOPECプラスの合同閣僚監視委員会(JMMC)では、2~3月に各日量7.5万バレルの減産緩和を実施することで合意が行われた。減産緩和幅は毎月の減産緩和の上限(同50万バレル)を大きく下回る一方で、サウジアラビアが同100万バレルの自主減産を発表したことで、実質的にはOPECプラスとして減産を強化したことになる。JCIFでは21年のサウジの実質GDP成長率を+3.6%と予測しているが、年初の増産幅の縮小と自主減産による産油量の減少で21年の成長率はおよそ2.5%ポイント押し下げられると試算される。今回の会合では、ロシアとカザフスタンについては減産緩和が認められたが、減産への不満を持つ協調減産参加国は少なくない。こうした国が協調減産からの離脱(OPEC加盟国においてはOPEC脱退)に踏み切るリスクも否定できない。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 800円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る