21-04-07
ブルガリア:トピックス
総選挙結果:与党GERBが第1党ながら議席数は大幅減~背景には既存政党への根強い不信感、連立交渉は難航が必至

4月4日、総選挙(中選挙区比例代表制)が実施された。ボリソフ首相が率いる与党「ブルガリアの欧州における発展のための市民(GERB)」は第1党となるものの、議席数は前回17年の選挙で獲得した95議席および半数である120議席を大幅に下回る75議席となった。第2党には既成政党を批判する新党「こんな人たちがいる」がつけ、最大野党であった「ブルガリア社会党(BSP)」は第3党に転落した。GERBとの連立をいずれの政党も拒否しており連立交渉の難航が必至となった。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 800円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る