21-01-18
イスラエル:トピックス
世界最速で新型コロナワクチンを国民の2割強が接種済み ~政府の狙いは「グリーン・パスポート」の活用~

イスラエルでは、新型コロナワクチンの接種率が既に2割を超えており、その接種スピードは世界最速となっている。国民のほぼ全員に接種可能なワクチンを確保できたことが強みとなっている。ワクチンには14日経過後の感染抑制効果があると報告されているが、若年層への接種がまだ開始されていないために、新規感染者数の増加に歯止めがかかる兆しはまだ見えない。政府は、今後は早期の経済活動の正常化に向けて「グリーン・パスポート」を活用すると発表している。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 1,200円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る