21-01-21
米国:トピックス
米住宅ローン猶予の高止まりで不可避な経済対策継続

2021年1月20日、民主党のジョー・バイデン氏が第46代大統領に就任した。「最初の10日間」の行動については、事前にメディアを通じて伝えていたように、就任初日に住宅差し押さえの制限やパリ協定への復帰などを表明した。米国住宅市場は、コロナ禍対応でのテレワークの拡大や郊外への移住ブームにより堅調な中で、ローンの猶予申請金額は金融危機後のピークの水準を下回るものの、景気低迷によりFRBが量的緩和政策第3弾(QE3)を決定した2012年の水準まで上昇している。バイデン政権でも、長期にわたる住宅対策が経済や金融市場の安定にとって必須となろう。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 800円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る