21-08-02
米国:トピックス(ワシントン事務所作成)
銃犯罪の増加による社会不安の高まり

殺人件数と発砲事件が20年に急増し21年に入っても増加傾向が続いている。要因としてコロナパンデミックが関連していると言われており、銃所持者の増加、実刑判決待ち容疑者の増加、警察の士気低下が指摘されている。有権者は22年中間選挙で投票する際に治安維持が重要な政治課題と捉えており、バイデン政権と民主党議員は犯罪抑制政策の強化を目指している。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る