21-01-12
アジア・中東の政治・経済・金融レポート
(台湾、インドネシア、シンガポール、タイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、インド、トルコ、カタール、サウジアラビア、中近東全域)

台湾:20年12月のCPIは2か月連続のプラスに/20年12月のPMIは61.3ptと高水準/20年通年の輸出額は過去最高に
インドネシア:ジョコ大統領、内閣改造実施/ゴジェックとトコペディア、合併の交渉か/12月CPI上昇率1.68% 中銀インフレ目標を下回る状況が続く/中銀が21年も国債を直接引き受ける方針を表明
シンガポール:20年通年の実質GDP(速報値)は-5.8%
タイ:20年12月のCPI上昇率は-0.27%/タイ政府、非常事態宣言の延長を閣議承認
ベトナム:20年第3四半期の経常収支は84億ドル(GDP比12.1%)の黒字/2020年の実質GDP成長率は+2.9%
マレーシア:20年11月通関速報:輸出は前年同月比+4.3%/マレーシア・シンガポール間の高速鉄道(HSR)計画を中止/首相、新年のスピーチで5つの優先事項を発表
ミャンマー:チャウピューSEZのコスト精査にオーストラリアのコンサルティング会社を起用
インド:20年7~9月期の経常収支は3四半期連続の黒字/12月失業率、2か月ぶり悪化/12月製造業PMIは5か月続けて50超えの改善
トルコ:20年12月のCPI上昇率は前年同月比+14.6%、前月比+1.2%/中銀、政策金利を2.00%ポイント引き上げ17.00%に~2会合連続の利上げ、市場は金融引き締め継続を好感~/12月の通関速報:輸出がプラスに転じ、貿易赤字は縮小、しかし20年通年では、輸出が落ち込み、貿易赤字が拡大
カタール:サウジら4か国がカタールとの国交正常化に合意
サウジアラビア:OPECプラスが2、3月に各7.5万バレル/日の減産緩和~サウジの100万バレル/日の自主減産で実質的には減産強化~
中近東全域:コロナ禍での中東の出入国規制~変異種発見で日本からの出張再開時期はさらに遠のく~

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 1,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る