21-01-18
アジア・中東の政治・経済・金融レポート
(韓国、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、インド、オマーン、サウジアラビア、カザフスタン)

韓国:20年の対内直接投資額(申請ベース)は207億ドル、2年連続の減少
ベトナム:20年12月の貿易収支(通関速報)は3億ドルの赤字、20年通年は200億ドルの黒字
マレーシア:5州・3連邦直轄領に活動制限令を再発令(1月13日~26日)、全土に緊急事態宣言を発令(1月11日~8月1日)
ミャンマー:IMFが3億5,000万米ドルの緊急融資を承認
インド:12月消費者物価は前年比+4.6%と2か月連続で上昇率が鈍化
サウジアラビア:12月のCPI 上昇率は季調済前月比-0.2%、前年同月比+5.3%
オマーン:初めて皇太子制度を導入。王位継承ルールを明確化
カザフスタン:下院議員選挙結果~与党ヌルオタン党が得票率71.09%で圧勝

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 1,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る