21-02-04
中近東全域:トピックス
中東の経験に見る新型コロナワクチン接種の効果~若年層まで接種を進めていかなければ感染抑制は難しい~

イスラエルやUAEなどの中東諸国は世界でも最も新型コロナワクチンの接種が進んでいる。G7で唯一ワクチン接種が始まっていない我が国に、中東諸国は多くの示唆を与えてくれている。イスラエルでは、2回目接種が完了した後の感染抑制効果は大きく、副反応がきわめて小さいことが実証されている。一方で、活動量の多い若年層まで接種が完了しなければ、新規感染者数が高止まりすることも示唆している。各国政府は、ワクチン接種と並行してロックダウンや出入国規制を強化しており、ワクチン接種に全面的に依存する政策はとっていない。

会員IDをお持ちの方
レポートをダウンロードするには、ログインしてください。
会員IDをお持ちでない方
レポートをダウンロードするには、レポートのご購入をお願いいたします。
ご購入後、レポートのダウンロードが可能なURLをメールにてお送りします。
メール到着後、72時間以内は何度でもダウンロードすることができます。

購入金額 2,000円

※カートは画面右上にあります
 

JCIFについて

このサイトの文書について サイトマップ

当ホームページが提供している文書、資料、データ等の情報は、当センターが所有・運営・管理しております。当センターは、本情報の内容に関して、いかなる保証もするものではありません。
万一、本情報の内容に誤りがあっても、当センターはいかなる責任も負いかねます。また、本情報の内容は予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承ください。

topへ戻る